2005年11月28日

Blog に SNS に掲示板、個人の情報発信「CGM」がアクセス数・利用時間伸ばす――Web 広告研究会調べ

社団法人 日本広告主協会 Web 広告研究会は28日、「消費者メディア市場規模調査」の結果を公開した。調査では、Blog や SNS といった個人が情報発信することのできるサイト「Consumer Generated Media」(CGM)の利用者が急増し、アクセス数や利用時間の増加傾向にあることがわかった。

今回、Web 広告研究会消費者メディア研究ワーキンググループがネットレイティングス株式会社の「家庭からのインターネット接続視聴率データ」を元に、2004年9月以降4回のデータを比較した。

主要な CGM サイトの利用者・訪問者数は、2005年9月時点で2,953万人。前年同月(2,658万人)比で11%の伸びとなった。特に Blog の訪問者数は2,014万人で前年同月比で約2倍、SNS に関しては約6倍。インターネット全体(3,924万人)に占める利用者数は75.3%にも上る。

SNS の利用者数は少ないが、一人あたりの訪問頻度や平均利用時間などロイヤリティ指標に関してはこの1年の伸び方が他の CGM を圧倒している。CGM への一人あたりの訪問頻度や平均利用時間は企業サイトを大きく上回ると推定され、この1年でみると CGM 全体へのロイヤリティは高まっている。特に Blog と SNS の利用時間が増加し、個人ホームページへの訪問が減少している。

また、今回集計対象となった CGM の、Web 利用全体にしめる利用時間シェアは着実に拡大、2004年9月の10.85%から2005年9月の13.33%に上昇している。利用者特性をみると、ユーザーレビューと SNS については女性の比率が50%を超える。年齢構成では SNS は若い世代の比率が高い点が特徴的で、29歳以下がほぼ半数を占めている。

Web 広告研究会は以下のようにまとめた。

「Blog や SNS という新たなコミュニケーション手段が登場したことにより、CGM 全体の利用者数が拡大しているとともに、生活者のインターネットシェアが変わりつつある。特徴として、SNS の利用者は20代が多く、メールに変わる新たなコミュニケーション手段としての活用が考えられる」

集計期間は2004年9月、2004年12月、2005年3月、2005年9月。CGM サイトの区分は大きく分けて、個人ホームページ、掲示板、Blog、SNS の4つ。個人ホームページは主要ポータル、主要 ISP の個人向けホームページ作成サービス(ジオシティーズ、@Nifty、BIGLOBE、OCN、goo など)、Blog は専用 Blog サービス、および主要ポータル、主要 ISP の Blog サービス(livedoor ブログ、ココログ、楽天広場、はてなダイアリー、ブログ人など)、SNS は mixi、GREE、キヌガサなど。

掲示板については、ユーザーレビューを中心とした「くちコミサイト」(価格コム、アットコスメ、みんなの就職活動日記、東京レストランガイドの各掲示板ドメイン)と、「主要ポータル、主要 ISP の掲示板、チャットサービス、ただし2ちゃんねるを除く」(Yahoo!JAPAN、@Nifty、BIGLOBE、OCN、goo など)、「2ちゃんねる」の3つに分類した。
posted by 広告議論 at 18:42| Comment(41) | TrackBack(5) | ネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

グーグル、AdSenseの紹介プログラムを発表--紹介者には100ドルの謝礼

 Googleが、第三者のウェブサイトに広告を掲載するAdSenseサービスの利用を促進するための紹介プログラムを立ち上げた。

 Googleが米国時間4日に発表したプログラムは、AdSenseサービスの利用者を対象にしている。AdSenseとは、サイト運営者が自らのサイトにGoogleから提供されるテキストやバナー形式の広告を掲載できるサービスで、サイト運営者は広告がクリックされるごとに広告収入の半分を受け取れる。Googleは、サイトのコンテンツに合った広告をマッチングする技術を擁しているため、運営者のサイトには、サイトの内容と関連性の高い広告が掲載される。

 Googleは新プログラムを通して、規模の小さい別のウェブサイト運営者やブロガーに、AdSenseプログラムを紹介した利用者に報酬を支払っていく。同社によると、AdSenseの新規利用者の広告収入が初めて100ドルに達した時点で、紹介者には100ドルが支払われるという。既存のAdSense利用者は、自分のウェブサイトに「紹介ボタン」を付け加えることで、このプログラムに参加できる。

 Googleはまた、Firefoxブラウザを利用したことのない人が初めてFirefox向けのGoogleツールバーをダウンロードするたびに、サイト運営者に1ドルを支払うプログラムも開始した。こちらも、AdSenseサービスの利用者を対象にしたプログラムだ。Googleは、Firefox向けのツールバーを7月にリリースした。同ツールバーは、スペルチェックや検索などの機能を備えたブラウザ用アドオンで、以前はMicrosoftのInternet Explorerにしか対応していなかった。

 ForresterのアナリストCharlene Liは、Firefoxの紹介プログラムは、Firefoxを開発するMozilla Foundationにとって、大きな助けとなるだろうと述べた。

 Liは自身のブログに、「Firefoxは以前から、ダウンロードを促進しようと、広告掲載キャンペーンを展開しては支持者に協力を呼びかけてきた。しかし、GoogleのAdSenseを利用すれば、サイト運営者は報酬を得られる。これを利用することにより、Firefoxのマーケティングと普及が一段と進むだろう。正式な発表はないが、費用がGoogle持ちであることは明らかだ」と書き込んでいる。

 AdSenseはGoogleにとって重要な収入源である。同プログラムは、Googleの第3四半期の売上高の43%に相当する6億7500万ドルを稼ぎ出している。だが、ライバル企業も同プログラムに対抗するサービスを始めている。例えばYahooも、Googleのビジネスに何とか対抗しようと8月に同様のサービスを立ち上げた。
posted by 広告議論 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(1) | ネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エキサイトとNTTレゾナント、検索連動型広告の合弁会社設立

エキサイト(本社:東京都渋谷区)とNTTレゾナント(本社:東京都千代田区)は2005年11月7日、検索連動型広告の合弁会社を11月に設立すると発表した。ディレクトリ型検索エンジンの提供とリスティング広告の販売を行う。両社の検索サイト「エキサイト」と「goo」で利用するほか、他のポータルサイトにも売り込んでいく。

資本金は7500万円で、出資比率はエキサイトが66.6%、NTTレゾナントが33.4%。代表取締役社長にはエキサイトの田村博巳常務取締役が就任する。社名は未定。社員数は25名程度となる。

gooのカテゴリーデータベースに基づくディレクトリ型検索エンジンを活用し、データべースの更新・保守をきめ細かくしてサービス品質を高めてゆくという。このカテゴリーデータベースには9月末現在26万件のサイトが登録されている。

検索連動型広告は成長が見込まれており、エキサイトとgooのほか、ISPが提供するポータルや、携帯電話向けサイトにもサービスを提供していく計画。具体的な事業計画および収益計画は現在検討中としている。
posted by 広告議論 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エキサイトとNTTレゾナント、検索連動型広告の合弁会社設立

エキサイト(本社:東京都渋谷区)とNTTレゾナント(本社:東京都千代田区)は2005年11月7日、検索連動型広告の合弁会社を11月に設立すると発表した。ディレクトリ型検索エンジンの提供とリスティング広告の販売を行う。両社の検索サイト「エキサイト」と「goo」で利用するほか、他のポータルサイトにも売り込んでいく。



資本金は7500万円で、出資比率はエキサイトが66.6%、NTTレゾナントが33.4%。代表取締役社長にはエキサイトの田村博巳常務取締役が就任する。社名は未定。社員数は25名程度となる。



gooのカテゴリーデータベースに基づくディレクトリ型検索エンジンを活用し、データべースの更新・保守をきめ細かくしてサービス品質を高めてゆくという。このカテゴリーデータベースには9月末現在26万件のサイトが登録されている。



検索連動型広告は成長が見込まれており、エキサイトとgooのほか、ISPが提供するポータルや、携帯電話向けサイトにもサービスを提供していく計画。具体的な事業計画および収益計画は現在検討中としている。
posted by 広告議論 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネット広告のスペースをオークションで売買するサイト『アドオークション』

■概要
メディアネット株式会社では、新しくインターネット広告の「スペース」をオークション形式で売買するサービスを開始いたしました。


■アドオークションの狙い
これまで、ホームページやメールマガジンに広告を載せたい場合は、直接そのページを「検索」し、みつけて、「広告主募集」と書いてある部分をクリックし、
メールなどで交渉するという地味な方法か、高額を支払い、広告代理店に依頼する方法が一般的でした。

つまり、直接検索するという方法は、手間がかかる、というデメリットが、また広告代理店に依頼する方法では、コストが高い、というデメリットがありました。

ところがアドオークションの場合は、多数の広告枠の中から、目的のジャンルにあったサイト、メールマガジンを落札し、広告を掲載することができます。

そうすることで、目的にあったサイトに、目的にあった価格で、ネット広告を掲載することができます。

さらに、自動入札や、希望落札、即決価格なども取り揃えておりますので、簡単かつ、直感的に使っていただくことができます。

●広告を出したい側にとってのメリット

・たくさんの媒体の中から、広告を掲載するサイトやメルマガを自由に選択。
・最低1円から、広告の掲載が可能。
・広告掲載媒体との直接交渉のため、掲載までがスピーディ。

●広告を載せたい側にとってのメリット

・空けておいて収入のない広告スペースを有効に活用できるチャンス。
・直前で埋まらないメールマガジンの広告スペースを価格を下げるなどして臨機応変に対応可能。
・広告掲載期間、金額、広告サイズなどを指定可能。

オークション参加費用など一切無料ですので、この機会に、ネット広告オークションを是非ご利用下さい。
posted by 広告議論 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

広告の産業規模

日本の広告費は、経済産業省の特定サービス産業動態統計や、電通の発表資料でみることができる。
2004年の広告費は、特定サービス産業動態統計では5兆4,684億円、電通資料では5兆8,571億円となっており、概ね5兆円後半程度と思われる(特定サービス産業動態統計は額ベースで全国の7割超の事業所をカバー。
電通資料は自社取引に推計を加えたものとなっている。
双方のカバー率及び推計に違いがあるため、値には差がある。
一般的にニュース等で広告費として取り上げられるのは電通資料の値)。
傾向として、主要4媒体広告(テレビ、新聞、雑誌、ラジオ)はテレビ以外は低迷、その他の広告ではインターネット広告が大きく伸びていることがあげられる。
posted by 広告議論 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(1) | ネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。