2005年11月03日

広告の産業規模

日本の広告費は、経済産業省の特定サービス産業動態統計や、電通の発表資料でみることができる。
2004年の広告費は、特定サービス産業動態統計では5兆4,684億円、電通資料では5兆8,571億円となっており、概ね5兆円後半程度と思われる(特定サービス産業動態統計は額ベースで全国の7割超の事業所をカバー。
電通資料は自社取引に推計を加えたものとなっている。
双方のカバー率及び推計に違いがあるため、値には差がある。
一般的にニュース等で広告費として取り上げられるのは電通資料の値)。
傾向として、主要4媒体広告(テレビ、新聞、雑誌、ラジオ)はテレビ以外は低迷、その他の広告ではインターネット広告が大きく伸びていることがあげられる。
posted by 広告議論 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(1) | ネット広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

どエロ新聞創刊号
Excerpt: ついに奥さんと生ハメ成功!!グショグショに濡れながら『いつもこんなじゃないのに』と言いながら悶える奥さん。ご希望のとおり中にたっぷり出した後は、ご主人にも許したことのないバックも処女をいただきました。..
Weblog: 他人の奥さんの蜜壷いじり
Tracked: 2005-11-04 03:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。